お知らせとニュース

(注)このページはブログ形式ですが、コメントとトラックバックは受け付けておりません。

2016年07月06日

ボランティア交流会開催しました

ボランティアコーディネーターの福本です。

6月27日(月)のボランティア交流会に沢山の方が参加していただき、ありがとうございました。

ボランティア交流会とは?
日頃ほほえみの園でボランティア活動していただいている方々同志が、お互いの活動報告や親睦を深める場です。

@施設長よりボランティアさんへの感謝のことばで始まりました。
resize1017.jpg

A各部署ボランティア委員の紹介
image.jpeg

B特技ボランティアさんの持ちネタ披露
ハーモニーさんによるピアノとオカリナの演奏
resize1018.jpg

手話を取り入れた絵本の読み聞かせ
image.jpeg

いしくらんけっとさんによる手作りの紙芝居
image.jpeg
色んな視点から捉えたユニークな紙芝居でした。

image.jpeg
お婆ちゃんとお孫さんとのふれあいを題材にした感動的な紙芝居でした。

音楽療法の先生と施設長による歌のコラボ
image.jpeg
即興とは思えないコラボでした。

C各ボランティアさんの活動報告と告知
resize1019.jpg

D山田施設長補佐より閉会のことば
image.jpeg

これからも末永くほほえみの園でボランティア活動、宜しくお願いします。

皆様の協力のもと無事に終えることが出来て良かったです。

posted by hohoemi-3 at 19:00| お知らせ

2016年06月30日

特養 ほほえみ家族会開催しました!!

施設長補佐 山田です
毎年夏祭りの前に家族会を開催してきましたが、今年は6月26日に集まっていただきました。
アットホームアンケートでは家族会の在り方についてたくさんの意見をいただいていたので、今回は報告会という形式は取りやめてみました。
玄関先に咲いた紫陽花光るハート
image.jpeg
まずは、NHKでの番組でありました、老衰死についてご家族の皆さんとDVDを観ました。
永年看取りケアをしてきて、ほほえみの看取りケアさながらのDVDだったので取り入れました。
もちろん僕たち介護士としての視点でなくご家族として死を覚悟し、看取りケアを受け入れるというものですから涙を流される方、下を向かれる方も居りました。ふらふら
観終わった後の感想も言葉に困るシーンもあり、私としてはこの老衰死のDVDを昨年スタッフから勧められ、観た時から、この場面でご家族と一緒に観るものだと決めていたのですが、雰囲気やご家族の表情を見てこれはとんでもないことをしてしまったのかと頭を過りました。爆弾がく〜(落胆した顔)
目そこで私たちが実践するほほえみケアと老衰死のつながりを話すことで、いきなりの看取りではなくほほえみの理念とその道のりであるほほえみケアを続けることで、たどり着く場面であり最後の場面を一緒に変えていくことなんだと少しはみなさんのご理解をいただけるよう精一杯話しました。
いろんな最後の場面の一つなのでこれが唯一の方法ではでありませんが…
そして事故やヒヤリハット件数の昨年度のデータをきいて頂き、意見交換会へと突入しました。

ご家族の前に立ちご理解をいただこうと奮闘しましたが…ふらふら
image.jpeg
それも大事な事でしたが、ゆっくりテーブルを囲み寄り添いながら横のご家族と交流しながら経験談や心配事を和気あいあいと話せたことが一番の収穫だったかと思います。黒ハート
今後の家族会の形式もこのようなアットホームにそして有意義なものになるよう企画していきたいと思います。ひらめき
今回出席してくださったご家族様、残念ながらご参加難しかったご家族様、今後もまだまだほほえみケアの頂には届きませんが日々努力を重ねていきますのでどうぞよろしくお願い致します。
posted by hohoemi-3 at 00:03| お知らせ

2016年06月29日

ケアハウス 五月園 家族会開催!

施設長補佐の山田です
6月25日にケアハウスの家族会を開催しましたぴかぴか(新しい)
今年で開設20年を迎える五月園は初めての試みとなる家族会を、ご利用者様とご家族で記念すべき第1回目を迎えました。グッド(上向き矢印)
まずは、記念の家族会で20年間五月園を支えてきた吉井施設長のお言葉でしたるんるん
熱のこもったスピーチで皆さん真剣なまなざしで聞いておられました。
image.jpeg

次に佛日寺のご住職 服部潤承様による説法でした耳
心の目を開くことの大切さを説いて下さり良い話を聞けたと、皆様口々に感謝の言葉を述べておられました。
服部住職の心の目は、私たちの現在の悩みや不安を見透かしたように説いてくださり、次から次へと心打たれ、大きな優しい気持ちにしてくれましたひらめき
目
image.jpeg

そして私も恥ずかしながら皆さんの前でマイクを持つことにふらふら
image.jpeg
お食事の準備や片付けのヘルプを昨年より続けてきたこともあり、温かく拍手で迎えて頂きました黒ハート
私にできる事をスタッフとともに考え、実践し少しづつ信頼して頂けるよう寄り添っていこうと思いました。

posted by hohoemi-3 at 22:37| お知らせ

2016年06月07日

地域ネットワーク連絡会に参加しました♪

施設長補佐 山田です

紫陽花がとってもきれいに咲いていますねグッド(上向き矢印)

今回、池田市さわやか地域包括支援センター主催の地域ネットワーク連絡会に参加させていただきました。
地域の方と高齢者介護に関わる専門職とのネットワークで情報交換を目的に、池田・五月丘地区の民生委員・地区福祉委員・コミュニティソーシャルワーカー・地域のケアマネで28年度の第1回目の開催でした。
テーマ『高齢者が参加できる地域の交流の場について』ということで全部で9か所の対象事業所の発表で、ほほえみで取り組んでいる『認知症カフェ』の発表をさせて頂きました。
ほほえみカフェオレンジ ちらし.jpg
チラシを皆さんに見て頂き、『認知症カフェ』開催までの経緯を熱く話し、ご利用してくださった方々の声を皆さんに聞いてもらいました。ひらめき
実際に話した内容をデータ化していたのでその言葉も私ならではということでご覧くださいるんるん
ほほえみの園は、認知症を患った方々を特養、ショートステイ、デイサービスで受け入れている複合施設です。
自分たちは提供者本位であるオールドカルチャー、介護者の上から目線である介護からの脱却成功するために認知症の方々やその家族と向き合いケアを進めてきました。
特養では認知症実践者研修にスタッフ3名が参加して現在その一人が班長として認知症実践者担当リーダーに配置されています。
コミュニケーション技術の中で、傾聴・受容・共感をとりいれたほほえみケアを実践できる班長を介護技術向上担当として配置しています。個々に合わせた介護技術を提供しています。
新人教育として新入職の経験者、未経験者それぞれに合わせた介護者としての基本指導と認知症ケアなどのきめ細やかな指導ができる班長を配置し新人もベテランも誰もがほほえみケアを実践できるようOJTをしています。
そんな施設だからできる事として、そして社会福祉法人として地域への社会貢献が課題になりました。
そこでほほえみが考える理想の地域として
デイサービス・ショートステイ・地域に密着した特養が利用できる地域があること
認知症になっても住み慣れた自宅、地域で生活が出来る環境を作る。
ほほえみでは地域の皆さんに認知症の理解を深めてもらうための活動として認知症サポーター養成講座を各地で行ってきました。
中では池田中学校、北豊島中学校の1学年全員に福祉教育の一環として毎年恒例授業として認知症サポーター養成講座を行ってきました。
地域にとって心強いサポーターが子供たちの視点で養われるという池田市の教育に力を入れる政策にも通ずる方向かと思います。
そして今回の認知症カフェです。
池田市に認知症家族の会がなくなったとほほえみの西治ケママネから聞いていたので、それならと行動に移してきた中で、建石町町内会長をはじめ、町内会の竹田様よりご協力いただけるとのことで昨年11月を皮切りに認知症カフェをスタートさせました。
平成9年より続くほほえみ喫茶という特養・ショート・デイ・ケアハウスの利用者、ご家族、ご友人を対象に月に1回の第2土曜日にボランティアグループが運営してくれて和やかな交流の場として喫茶があります。
そこに3か月に1回のペースで認知症カフェとして地域に向けてオープンしました。
美味しいコーヒーは有名な宝塚逆瀬川の讃喫茶室に買い出しにほほえみ喫茶のマスターが行くというこだわりです。
このカフェが継続し地域の方々に活用して頂くには皆様のお力が必要だと思います。
是非このようなカフェが各地域に広がり各事業所の取り組みではなく池田市全体の取り組みへと発展することを願ってほほえみの認知症カフェを守っていきたいです。
貴重な時間をこのような内容で皆さんに伝えることが出来ました。るんるん

参加者の皆様や地域包括支援センターのスタッフの方々も熱心に聞いて下さり、感謝いたします。



posted by hohoemi-3 at 16:38| お知らせ

2016年05月20日

第3回 認知症カフェ無事終了しました

施設長補佐 山田です

第3回を迎えた認知症カフェ無事終了しました晴れ
今回は晴天に恵まれて前回、前々回に嵐だった時の様に足元が悪くないので良かったですわーい(嬉しい顔)

第3回は『音楽療法』懐かしい童謡や慣れ親しんだ民謡をみんなで歌うことが出来ました。
尺八は首振り三年というふうに言われ、とても難しいと聞いていましたが、なんとこの方6ヶ月程度で音を出し演奏までできるようになったとひらめき
image.jpeg
ナルクのメンバーで構成されたこのユニットに今後釘付け間違いなし!

もう一つのサプライズといえば
建石町の町内会長 安田様
本人は動機が不純とおっしゃいますが昔、クラブ遊びを夜な夜なしている頃にカッコ良く男性が特技としてピアノ演奏しているのを見て、もてたい一心(笑)で定年退職後、始めたピアノ演奏をご披露下さいました。
image.jpegimage.jpeg

演奏して下さいました、このお二方に共通するのは年配になってから始めた習い事であり、挑戦する楽しさからやりがいを見出し、続けることで生活のリズムを作り継続が力となっています!
このカフェに通ずることですが、沢山の方々とふれあいの時間も作れ、認知症予防になっているんだと感じました。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
ほほえみ昭和館も大活躍るんるん
沢山の方々が昔を懐かしみ、思い出話に花が咲きました。

今回は新たに3名の方が参加して下さいました。26名の方々が集いました。
認知症を患った奥様を介護しているご主人が悩みを打ち明けて下さいました。
同席してくれたケアマネさんも来て良かったと声をかけて頂きました。

もう1人は、以前ほほえみに併設しているケアハウス五月園のパンフレットが欲しいと来園した方でした。
これからの老後に不安があるとお聞きしていたので、お誘いしておいたのですが、私を見つけて嬉しそうに駆け寄ってきてくれましたハートたち(複数ハート)

今回もとても有意義な時間となり、主催の竹田さんとボランティアの方々と反省会の時には充実した時間として締めくくりました。

地域に役立つ自分達に出来ることをこれからも率先していきますので、今後もよろしくお願い致します。
次回は9月の第2土曜日に開催予定です。
毎回ですが、駐車スペースに限りがあります。お車でお越しにならない様お願い申し上げます。
posted by hohoemi-3 at 13:19| お知らせ

2016年05月11日

第3回認知症カフェのご案内 5月14日開催

施設長補佐 山田です

新緑の季節、グリーンのカラーが目にも心にも優しくて穏やかにしてくれますねるんるん

今回で3回目を迎えるほほえみカフェ オレンジ晴れ
定期的に3か月に1度、第2土曜日に開催しています。今回は5月14日の土曜日になりますひらめき
今回のテーマは音楽療法です
尺八演奏を聴けるということで楽しみにしています。
日本芸能を堪能しましょうるんるんるんるんるんるん
沢山の参加者を期待しております
お気軽にお越しください
尚、駐車場に限りがあるためなるべくお車でお越しにならない様お願い致します。
posted by hohoemi-3 at 09:02| お知らせ

2016年04月08日

花祭りの日でした

施設長補佐 山田です

本日は花祭り
恒例の行事です
image.jpeg
いつもお世話になっているフラワーアレンジメントのボランティアさんが、毎年飾り付けをしてくれます
お釈迦様も花々に囲まれ喜んでくれているはずです

陽春寺の稲本住職とお弟子さんでお手伝いにきている五島さん
image.jpeg
盛大に開催する事が出来ました
皆様のおかげです
image.jpeg
桜の花びらがはなむしろとして景色も最高でしたね
image.jpeg
先日のほほえみ桜は見事でした
image.jpeg
ショートステイのご利用者さんでいつも俳句をプレゼントして下さる方も今回のほほえみ桜に俳句を詠んでくださいました
image.jpeg
最高の春が来てくれました
感謝に尽きます!
posted by hohoemi-3 at 19:45| お知らせ

2016年04月04日

4月 デイサービス空き状況です♪ 

施設長補佐 山田です

寒かった冬を超えほほえみ桜の蕾は春を少しづつ感じながら、ご利用者さんや私達を見守ってくれていましたね目

日ごろの行いの良い私にプレゼントか(笑)プレゼント
今年も素晴らしいほほえみ桜が咲いてくれましたるんるんるんるんるんるん
resize0954.jpg
特養もデイサービスもケアハウスもご利用者さんは満開の桜にうっとり黒ハート
中庭の樹齢100歳を超えるほほえみ桜はご利用者さんをはじめ、道行く人まで笑顔の伝染を誘っていますねぴかぴか(新しい)

私はそんなほほえみの園でたくさんの方々とお会いして楽しく語らいたいと願っておりますわーい(嬉しい顔)


ではデイサービスの空き状況ごらんください
IMG_20160404_0001.jpg

ご覧いただいた通り空き状況はコスモス(一般型)は◎印、ひまわり(認知症対応型)△印となっておりますが、ご相談いただければ嬉しいですひらめき
寄り添うケアで居場所を一緒に作る愛情あるスタッフがご利用者さんを待っておりますので安心してお越しくださいねかわいい
何でも気軽にお尋ねくだされば心から対応致します。
スタッフ一同お待ちしております♪

posted by hohoemi-3 at 18:33| お知らせ

2016年03月23日

新規デイサービス 4月1日伊丹市にオープンします

施設長補佐 山田です
ほほえみの園20周年を前に、新事業がスタートします。ひらめき

その名は、『デイサービス ほほえみSPA』いい気分(温泉)
image.jpeg
住所:〒662-0047 兵庫県伊丹市荒牧南4丁目1−73

TEL: 072-767-6340
FAX: 072-767-6341
管理者 前田

image.jpeg
ほほえみSPAは入浴特化型として3〜5時間の地域密着型デイサービスです。
NSが駐在する安心してご利用頂けるデイサービスです。

お一人ずつ独立した3つの個浴(一つは機械浴)で入浴して頂き、湯上りをゆったりとアロマに癒されながら
過ごして頂きます。安心安全とプライバシーに配慮して介護スタッフがサポートします。
image.jpeg
空間はバリ島にトリップした様な雰囲気のデイサービスです。
image.jpegimage.jpegimage.jpeg
22日.23日の2日間は内覧会です!4月1日のオープンに向けてスタッフ一同心よりお待ちしております。
見学、質問等随時受け付けしております。
お気軽にお問い合わせ下さい。
image.jpeg

posted by hohoemi-3 at 07:45| お知らせ

2016年02月17日

2月13日 認知症カフェは無事終了しましたよ♪

施設長補佐 山田です
認知症カフェ当日は春の嵐が来るという…季節も春を先取りと言う日になりました(笑)台風
そんな中、たくさんの地域の方々が集い美味しいコーヒーとカップケーキを頂きながら談笑しました。わーい(嬉しい顔)
image4.JPG
今回のテーマは『認知症と食事』
ほほえみの台所で食を支える管理栄養士の岡田が地域の皆さんに沢山のポイントを話しましたひらめき
バランスの良い食事は認知症だけではなく生活習慣病も予防が出来る事
野菜・魚・肉を摂ることの大切さ
同じメニューではなくバリエーションの大切さ
自分で作る楽しさを入れる
会話を取り入れる などなどわーい(嬉しい顔)
みなさん熱心にメモを取っていました目
image3.JPG

続いて『いしくらんけっと』さんのコンサートでしたぁ揺れるハート
ご自身の母とのエピソードの中から母が認知症になり家族で支えた日々の事、ほほえみの園で過ごした日々の事、最期を迎えた日までの事をかみ締めながらやさしく語ってくださいました。もうやだ〜(悲しい顔)
ソウルフルな歌声とピアノの懐かしいメロディが皆さんを包み優しい気持ちになりましたぴかぴか(新しい)

image1.JPG
image3.JPG

娘さんも今回デュエットで参加してくれました目
思い入れがある2曲を披露してくれました
1曲目は『真夜中のギター』この曲はいしくらんけっとさんが幼少のころ母とよく歌っていた歌でした
この歌があったから今歌を歌い続けているんですね…それを親子3代で歌い継げるのは素晴らしいですね
私もCDに録音していたこの曲をいしくらんけっとさんの母のお部屋で良く聞かせて頂きましたるんるん
2曲目は『花は咲く』震災後良く聞いていたんでここで私の涙の蓋が取れてしまいました。もうやだ〜(悲しい顔)
image3.JPG

最期はauのCMで流れる歌でみんなを元気にしてくれました
『みんながみんな英雄』振り向けば君がいる〜るんるん力をもらえるコンサートでしたグッド(上向き矢印)
image1.JPG
次の日がバレンタインデーでした揺れるハート
チョコレートの話をしてしまった私に愛のこもったチョコレートが次の日届いていました。
有難いですね〜感謝していますハートたち(複数ハート)

裏方で支えてくれたボランティアのみなさんが居てくれたから大成功につながるんです目
引き続きお手伝いしてくれることに感謝しています

次回は5月です
中身が決まりましたらご連絡します
お楽しみに!
posted by hohoemi-3 at 18:42| お知らせ
Copyright © 2008-2009 : 社会福祉法人 起生会 ほほえみの園